読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015 6月

2015

しばらくこの場を遠ざけていたというか、単純に文章を書くのが面倒だっただけではあるけれど。よく眺めているTwitterのタイムラインもここ最近は見ていて嫌気が差す瞬間もあったりして、呟くことが少なくなった(単純に呟くことが無い、ということもあるが)。そして星を付けて済ませる、なんてことが多くなってきた。嫌ならば見なければいいのだけれど、その画面を見ることは今の生活の一部に組み込まれてしまっていて、無意識に携帯に手が伸びては眺めてしまうので、これはもう仕方のないことなのかもしれない。

で、その場があまり居心地が良くないとしても、別の場において何かしら発散できた方が良いのでは…なんて思って久々に書いてみた次第。もうちょっと、気軽に気楽に色々なものを活用できたら良いのだろうけれど、そう簡単にはいかないというのもあって。もっと素直に自分自身の気持ちを100%解放できたら、こんな面倒な気持ちに陥ることは無いのかもしれないなぁとか、ここ最近はそんなことばかり考えては、答えの出ない疑問の渦の中に陥って、ああでもないこうでもない、とか思いながら毎日を過ごしている。

とは言え今現在は気持ちも軽くなってきていて、以前に近い感覚を取り戻しつつある。単純に、季節の変わり目だからどこかおかしかったのかもしれないなぁ、と思うことにしたい。

ということで、約一月ぶりに書く今月のこと。

 ここ最近は、極力趣味に遣うお金を制限していて、本当に欲しいと思うものだけを買おうという気持ちになっていた中で購入したもの。

 

hades (the nine stages of change at the deceased remains)

COMMUNIONS (日本特別盤・解説・歌詞対訳付き)

アバンダンウェア [ボーナス・トラック収録・歌詞・対訳・解説付き / 国内盤]

workshop

 

今月は音楽に費やした以外は、他にあまり買い物をしない一ヶ月だった。先月までは漫画を毎週何冊か購入していた印象があるけれど、今月はさっぱり。

 

 

今月は他に何かあっただろうかと思い返してみると、前半にライブを見に行ったことを思い出した。出演者は近場で見られるライブとしてはなかなか豪華だったし、雰囲気も良かったし楽しめたけれど、最終的にはなぜか空虚感だけが残った。

ここ最近はライブだとか映画だとかは一人で見に行くことが多かったし、それに慣れつつあったけれど、やっぱりこういう場所には気の合う誰か(それが特別な関係であればあるほど尚良い)と行って、楽しさを共有することそのものが楽しいのかもしれないなぁと改めて思ったりした。もう後ほんの少しだけでいいから、社交的になりたいものだなぁと常々思う。

 

と、このままいくと愚痴っぽいものを延々と書き連ねる形になりそうなので今月はこんな感じで。振り返るとあまり生産的な一月では無かったように思うけれど、来月以降はもう少し前向きな感じを持続させていきたい。

あと週末か、来月の頭までには上半期のあれやこれやをまとめたいので、なんとか。