読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016 上半期 聴いたもの

2016年の上半期によく聴いた、印象的だった新譜について。今まではある程度まとまった感想を添えるようにしていたけれど、今回は毎月の感想とかなり重複する感じになりそうなので、なるべく簡潔に。絞った結果、10枚になった。今回も国内のもの多め。

 

 Cullen Omori - New Misery

New Misery [帯解説・ボーナストラック収録 / 国内盤] (TRCP191)

洋楽の中だと一番よく聴いたのがこれ。曲の盛り上がりが後半にあるものが多い印象で、そうしたことも聴き飽きない点に繋がっていたのかなと。

 

Galileo Galilei - Sea and The Darkness

Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付)

ラストアルバムとなってしまったが、過去のアルバムを振り返ってみても面白いバンドだったよな、と思う。彼らの次の動きが本当に楽しみ。

 

Boyish - Strings

Strings

毎回アルバムごとに音楽性が異なっていて、どんどん進化していっている印象。メンバーの脱退等もあって、これからまた変化していくのだろうと思うと尚更目が離せない。

 

Superfriends - Before The Night Falls EP

f:id:sketchforsummer:20160229182226g:plain

お酒を飲んで少し楽しい気分になっている時に無性に聴きたくなったりして、そしてうっかり泣きそうになったりしてしまう。塩原さんの歌声にはそんな魅力がある。

 

ゆーきゃん - 時計台

f:id:sketchforsummer:20160703160311j:plain

こちらも歌声に魅了された1枚。普遍的な音楽とはきっと、こういう音楽なのだろうなと思わされた。

 

sewi - 弱蝕論

f:id:sketchforsummer:20160703161103j:plain

半年ごとに毎回1枚は必ず、ぶん殴られるような衝撃を受けるアルバムがあって、今回はまさにこのアルバムがそれにあたる。

 

RENA - RENA

f:id:sketchforsummer:20160402000930j:plain

メンバーの経歴からしても、これが国内エモの頂点ともいえる1枚。どうやらメンバーチェンジがあったみたいだけれど、アルバムを待ち遠しく思う。

 

THE FULL TEENZ - ハローとグッバイのマーチ

ハローとグッバイのマーチ

このアルバムを聴いてバンドを始める10代の若者たちがどんどん出てきたら良いのになぁ、とそんなことを思う。

 

NOT WONK - This Ordinary

THIS ORDINARY

衝動だけでなくて、しっかりと作りこまれた楽曲ばかりが収録されているという印象を受けた。バンドの雰囲気もきっと今が一番良い状態なのではないかな、とも思ったり。上記のTHE FULL TEENZもだけれど、我孫子さんが深く関わっているというのもバトンが受け継がれていっている感じで、それがきっとまた下の世代へと受け継がれていくのだろうな、と。

 

V.A. - スタートライン! / episode Solo

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』OP/ED主題歌「スタートライン!/episode Solo」

上半期で最も印象的だったのがアイカツの楽曲で、過去のアルバムを聴いても名曲揃い。一応それらを代表する形でこのシングルを挙げておくことに。アニメが進むと同時に、すごい楽曲が増えていくことを思うと、これからが益々楽しみになる。

 

 

一応ベストトラック的なのをいくつか。

 

 

 

 

 

 

今年は昨年までに比べると、そこまで積極的に音楽を聴いたり新しい音楽を探したり、といったことに時間をかけなかった気がする。なのでどうしても今まで好きだったバンドの新譜とか、そういうものばかりを優先してしまった感じ。

既に分かっているだけでも、今月・来月あたりに気になる新譜が出るものもあるが、上半期同様マイペースで行こうかなと。あと、今年は今までに手に入れた音源をちゃんと聴こうと思っていたものの、それは結局全然出来なかったので、上半期あまり積極的でなかった分、残り半年はもうちょっと音楽を聴く時間を確保したりなどに努めたいと思う。あと毎月の感想も、出来ればもう少し頑張りたいかも。